金継ぎのお仕事(^。^)

さて、今回は当工房でお引き受けしたお仕事のご紹介です。

東京都にお住いのカエデさんからご依頼いただきました。

「自作の器が割れてしまったが愛着があって処分できないでいます。」との事。

写真で拝見するとパッカリ綺麗に割れている様子。さっそく送って頂く事に…。

川端さん2

届いた器を見てビックリ!到底、素人さんの手作りとは思えない焼きの良さ、形や文様の美しさ。「これは相当の手練れ。。。う~~ん!」

器全体は釉薬を掛けない焼き締め。そこに白色釉の筒書きで華やかな文様を書いてあります。

実は、焼き締めの器は施釉が無いため、漆が着くと生地に染み込んで汚してしまう恐れがあるのです。写真に見えているマスキングは生地を汚さないための処方。慎重に作業を進めます。(^_^;)

元の形に修復し、

川端さん・川端さん

表側は器に意匠に合わせて「高蒔絵」の技法を使います。肉を持たせて凸気味の線に仕上げていきます。もちろんここでも生地にはみ出さないよう気を付けます。

無題

こんな感じに。⇑

この後、漆の線の上に金粉を蒔いて仕上げです。

お直し川端さん 3川端さん

大きな欠けも無く、しっかりした陶器だったので、ご覧のとおり綺麗に修復できました。外側は高く盛った線描きですが、内側は使いやすい様にフラットな線になっています。焼き締めの褐色の肌に金線が素敵なアクセントになっていると思います。

さて、素地を汚さないようにちょっと気を遣うお直しではありましたが、一目見て「金継ぎが映える!」と言う印象があった今回。本当に楽しく嬉しい修復作業となりました。

「捨てるにしのびない」とやってくる器たち。どれもたくさんの思い出や思い入れが籠っています。また依頼主さんの手元に戻って、新しい思いを重ねて行ってください。

修復経緯の掲載を快諾いただいたカエデさん。当工房へのご用命とご協力、本当にありがとうございました。m(__)m

 

ときどき工房・原田和代